センターピースってどんな心理学?
そんな疑問をお持ちのあなたは
こちらをクリック
↓ ↓ ↓
■■■■■■■■■■■■■■■
お得な特典付きの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね

このテストが
楽に行動できる
キッカケになるかも。


■■■ 本文はここから ■■■

この記事の所要時間:約 518

学校教育の現場は
教える立場の教師と
学ぶ立場の生徒との人間関係で
成り立っています。

両者の人間関係が
「教育の質」を左右すると
言われています。

また学校教育の現場では
イジメ、不登校、非行など
多くの課題に直面した
辛い心を抱える生徒が
増えています。

教育心理学は教師と生徒が抱える
「心の苦しさ」を和らげることで
教育効果の向上に貢献しています。

教える教師と学ぶ生徒の心を観察し
「教える効果」と「学びの効果」を
引き出す研究が教育心理学です。

教育心理学に関わる資格を取得しよう

激しい進学競争の中で
疲弊した心を抱えている教師や生徒が
増え続けています。

教育心理学は学校生活で
疲弊した心を抱えている生徒を
支援する役割を果たしています。

学校教育の現場に
関わる仕事に就くためには、
教育心理学の専門知識を
修得した資格が必要になります。

教育現場が抱える課題を
改善するための
教育心理学分野の資格を
ご紹介します。

公認心理師

公認心理師の資格は
2017年に誕生した
日本で初めての心理職の国家資格です。

イジメや不登校など
心理的サポートを求める生徒が
増え続けています。

辛い心を抱える生徒を
心理学の視点から支援するための
人材が求められています。

公認心理師の資格は
教育心理学の専門知識を持つ
人材を求める社会の要請に
応えるために誕生しました。

臨床心理士

また臨床心理士の資格は、

公益財団法人
日本臨床心理士資格認定協会が
実施する試験に合格し、
認定を受けることで取得できます。

「心理専門職の証」と
言われている資格です。

臨床心理士は
人の心の問題にアプローチする
「心の専門家」とも
言われています。

臨床心理士の中には
学校教育の現場で活躍する
スクールカウンセラーとして、
生徒の心に寄り添い、
専門性を発揮しています。

学校心理士

また学校心理士は
学校教育の現場で活動する
「心理教育的援助の専門家」と
言われています。

学校心理学の専門的知識を学び
心理教育的援助サービスの技能を
修得することで、
一般社団法人
学校心理士認定運営機構が
認定する資格です。

学校生活の中で生じる問題に
対応するために、
生徒や保護者、教師を
心理学の視点から支援する役割を
担っています。

教育心理学は教育環境づくりを支援

教育心理学は、
学校の教育現場で起きる
様々な課題を解決するために
心理学の視点からアプローチします。

クラスメイトとの人間関係を
築いているかが、
生徒の学ぶことへの意欲を
左右します。

イジメや不登校のため
教室での人間関係に馴染めずに
学ぶことに無気力になっている
生徒が増えています。

教室での人間関係は
学ぶことへの集中力や学習意欲に
影響を及ぼします。

教育心理学は
学校内での人間関係を築けずに
心が傷つき、辛い心理状態に
追い込まれている生徒を
サポートします。

教育心理学は
生徒の心の傷が和らぎ、
安心して学べる
環境づくりのために、
心理学の視点から
貢献しています。

教育心理学は生徒たちの人間形成に貢献

生徒たちにとって学校は
「学びの場」であり、
「人間形成の場」です。

生徒たちは成長していく過程で
学校生活を通して、
多くの学びと友達関係を
積み重ねながら成長しています。

学校生活の環境は
生徒たちの人間形成に
大きな影響を与えます。

生徒たちは教師との人間関係や
友達との人間関係を経験しながら
成長していきます。

両者の人間関係が
「教育の質」を左右すると
言われています。

教育心理学は
学校の生活空間の中で
教師と生徒との人間関係を
改善するために、
心理学の視点からアプローチします。

また心理学の観点から
生徒たちの「心の観察」を通して
健全な心身の成長を
サポートしています。

教育心理学は
生徒たちの成長のために
学びやすい学校環境づくりを
心理学の観点から改善方法を
提案しています。

教育心理学は教育環境づくりを心理学の視点からサポート

学校教育の現場は、
教師の「教える取り組み」と
生徒の「学ぶ努力」により
日々進化しています。

激しい競争社会の中で、
学校教育の現場にも
様々な「シワ寄せ」が生じています。

競争の激しさの「波」を受けて、
教育指導に自信を失くす
教師がいます。

またシノギを削る
競争の激しさに取り残されて
学ぶ意欲を失くす生徒が
増えています。

教育心理学は、
教師にとって「教えやすい」環境、
生徒にとって「学びやすい」環境を
つくるために心理学の視点から
支援しています。

教育心理学は、
疲弊した心を抱える
教師や生徒たちの
「心を救う」視点でアプローチします。

教育心理学は家庭・学校・地域の連携に貢献

学校教育で求められているのは
生徒の学力向上だけでは
ありません。

生徒の人間性が育っていく
学校環境が大切です。

教師と保護者との人間関係が
生徒の学習意欲や
友達づくりへの積極性に
影響を与えます。

また学校教育は
地域社会との連携が
出来上がっていることで、
生徒たちの社会性の成長に
良い影響を与えます。

生徒が自信をもって
学ぶ意欲を発揮するためには

家庭・学校・地域社会の連携が
大切です。

家庭環境、学校の教育環境、
住み良い地域社会の
「三拍子」が揃っていることで
生徒たちに必要な
健全な生活環境を提供できるのです。

生徒の成長過程のために
快い生活環境を創っていくためには
「人の心」を大切にする
教育心理学の知識が大きく役立ちます。

また一方、社会問題になっている
イジメ、不登校、校内暴力、
学級崩壊などの問題が
深刻さを増しています。

これらの問題は、
生徒の心が辛い状態に
追い込まれていることで生じます。

教育心理学が
学校教育の現場で果たす役割を
求める声は、増々高まっているのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

センターピースってどんな心理学?
自分にも必要なの?
安心感、つながり感、自己肯定感って?
階段ルート、崖ルートって何?

そんな疑問をお持ちのあなたは
こちらをクリック
↓ ↓ ↓


■■■■■■■■■■■■■■
お得な特典付きの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね

ちなみに僕の診断結果(2020/6)



最初はどちらも30点近かったから
だいぶ階段ルートになったな〜


僕がセンタピースを受講して
崖ルート診断テストの結果が
どう変わったか?はこちらを見てね。


■■■■■■■■■■■■■■■■

「崖ルート診断テスト」で
まずは今の自分の状態を知りましょう。

ラインに登録すれば
誰でも無料で診断してもらえます。

診断を受ければ、
ここだけの限定動画が視聴できるので
まずは試しにテストをしてみてね。

このテストが
安心感、つながり感、自己肯定感満たして
階段ルートになって
楽に行動できる
キッカケになるかも。


こちらをクリック
↓ ↓ ↓


■■■■■■■■■■■■■■■■
10,000円OFFの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくれるとうれしいです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓