センターピースってどんな心理学?
そんな疑問をお持ちのあなたは
こちらをクリック
↓ ↓ ↓
■■■■■■■■■■■■■■■
お得な特典付きの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね

このテストが
楽に行動できる
キッカケになるかも。


■■■ 本文はここから ■■■

この記事の所要時間:約 430

スポーツ心理学は
スポーツに関わる人の考え方や行動を
心理学の視点から研究する学問です。

スポーツ心理学の目的は
スポーツに関わる人が大切な場面で
最高の実力を発揮出来るように
貢献することです。

アスリートが大事な競技の場面で
練習の成果を最大限に
発揮できるためには、
精神面の強さが求められます。

スポーツ心理学の知識を
活かすことで、
重要な場面で生じる
プレッシャーに負けない
メンタル面の強さを
身に付けることができます。

また、スポーツ心理学には
スポーツが「精神面の成長」を促す
という考え方があります。

スポーツ心理学では
アスリートに限らず
多くの人にとって、スポーツの経験が
「心の成長」にプラスの影響を
与えると考えています。

スポーツ心理学は「メンタルの強さ」を身に付ける

アスリートの中には
大切な本番になると、
プレッシャーに負けて
日頃のトレーニング成果の実力を
発揮できないことがあります。

「本番に弱い」と言われる弱点を
克服するために
「心の研究分野」である
スポーツ心理学の知識が
応用されています。

大切な競技の場面で
最高の成績を出せる
トップアスリートに
共通している要素は、
「メンタル面の強さ」が
挙げられています。

緊張する大切な場面で
最高の実力を発揮できる人と
発揮できない人の違いは
心理的な強さが大きく影響しています。

メンタル面の強さは、
アスリートだけでなく、
日常の仕事の場面でも
大きな影響を与えます。

スポーツ心理学は無駄な競争心を抑える

人はスポーツなど競う場面になると
競争相手の実力と
比べる心理状態になります。

競争相手の実力が気になり出すと
集中できずに日頃の実力を
発揮できない状態に陥ります。

スポーツ心理学を活かして
自分のことをより深く理解する
「自己理解」の習慣を
身に付けることで
他者と比較する心理状態に
ならなくなります。

また、スポーツに限らず、
勉強や仕事など他の人と競う場面で
スポーツ心理学の知識を
活かすことで無駄な競争心を
抑えることができます。

スポーツ心理学を活用することで
競争相手の実力が気にならなくなり
自分の実力を発揮することのみに
集中出来るようになるのです。

スポーツ心理学を活用すると本番で「トレーニング効果」を最大限に発揮

スポーツ心理学の知識を
活かすことで精神面の強さを
身に付けることができます。

精神面の強さを持つことで
重要な競技の場面で、
日頃のトレーニングの成果を
最大限に発揮できるようになります。

またトレーニングの質を
高めるためには
コーチとアスリートとの
信頼関係に裏打ちされた
コミュニケーションが大切と
言われています。

スポーツ心理学では
人の心をテーマにした研究が
進められていますので、
コーチとアスリートとの
信頼関係の構築に
大きく役立ちます。

コーチが
アスリートの個性や心の変化を
詳細に把握するためには、
心理学の知識が必要です。

一方、アスリートは
心理学の知識を活かすことで、
コーチのリーダーシップを
受け止めて協調する「心」が
身に付きます。

両者の歩み寄りにより
コーチとアスリートの間に
信頼関係が生まれてきます。

スポーツ心理学はアスリートのためだけでない

スポーツ心理学の知識は
アスリートのためだけではありません。

スポーツでも仕事でも、
大切な状況に直面したとき
冷静に落ち着いて
最良の結果を出すことが求められます。

最良の結果を出すためには
チームの中での自分の役割を
正確に把握して行動することが
大切です。

目的を一つにしたチームの中で
それぞれのメンバーが
自分の実力を最大限に発揮して
最高の結果を出す取り組みは
スポーツや仕事に共通する面があります。

スポーツ心理学は
メンバー全員が一致団結して
「心を一つにして」目的を達成する
「心理状態を創り出す」ために
大きく役立ちます。

またスポーツ心理学は、
スポーツや仕事の場面で生じる
プレッシャーに負けない
メンタルトレーニングに活用できます。

スポーツ心理学は「心の健康」と「身体の健康」の増進に

スポーツ心理学では
「心身」の言葉どおり、
「心の健康」と「身体の健康」を
一体化して観る考えがあります。

アスリートに限らず
日常の健康維持のために
スポーツに関わる人は
世代を問わず多いです。

また体力増進や
肥満対策エクササイズのために
スポーツ心理学を活用した
フィットネスジムに通う人も
多くいます。

スポーツ心理学は
アスリートだけでなく、
様々な人の健康増進に
大きく貢献しているのです。

またスポーツ心理学では
「スポーツが心の発達を促進する」
という考えがあります。

スポーツ心理学は
スポーツへの参加が心理面の発達や
健康改善に与える影響を
研究する分野です。

「心の健康」と「身体の健康」は
人の幸せを支える
「両輪」なのです。

スポーツ心理学は
人々の幸せに大きく貢献していると
言えます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

センターピースってどんな心理学?
自分にも必要なの?
安心感、つながり感、自己肯定感って?
階段ルート、崖ルートって何?

そんな疑問をお持ちのあなたは
こちらをクリック
↓ ↓ ↓


■■■■■■■■■■■■■■
お得な特典付きの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね

ちなみに僕の診断結果(2020/6)



最初はどちらも30点近かったから
だいぶ階段ルートになったな〜


僕がセンタピースを受講して
崖ルート診断テストの結果が
どう変わったか?はこちらを見てね。


■■■■■■■■■■■■■■■■

「崖ルート診断テスト」で
まずは今の自分の状態を知りましょう。

ラインに登録すれば
誰でも無料で診断してもらえます。

診断を受ければ、
ここだけの限定動画が視聴できるので
まずは試しにテストをしてみてね。

このテストが
安心感、つながり感、自己肯定感満たして
階段ルートになって
楽に行動できる
キッカケになるかも。


こちらをクリック
↓ ↓ ↓


■■■■■■■■■■■■■■■■
10,000円OFFの紹介コード
04honda
■■■■■■■■■■■■■■■■
そのままコピペしてね



人気ブログランキングに参加しています。
クリックしてくれるとうれしいです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓